• ホーム
  • フィラデルフィアキッチン
  • 商品情報
  • スペシャルムービー
  • お楽しみ
  • メールマガジン

PHILADELPHIA HISTORY フィラデルフィアヒストリー

クリームチーズの誕生はいつ?そして日本に伝わるまでの歴史を「フィラデルフィア」と共にご紹介。

クリームチーズが誕生したのは、今からなんと約130年前の1872年です。ニューヨークの小さなチーズメーカーにより、四角い形のクリームチーズが製造されたのが第一歩です。当初は手作りで製造されていたため、品質にばらつきがありましたが、クラフトの最新の技術と一貫した製造管理のもと、独特な製法で最高品質のクリームチーズが作られています。1880年には、トレードマークの「フィラデルフィア・ブランド」の名称が採用されました。当時、アメリカ東海岸ペンシルバニア州にあるフィラデルフィアは超一流の食品、特に乳製品で有名でした。

クリームチーズが料理の材料として使われはじめたのは、1920年代半ば。当時クラフトは家政学者を雇い、クリームチーズを一般に広めるために様々なレシピを開発しました。この時考案された“フィラデルフィア・クリームケーキ”が、現在のチーズケーキとして知られています。

1928年、クラフトは唯一のクリームチーズメーカーであったフェニックス・チーズコーポレーションを合併し、クリームチーズの代名詞フィラデルフィア・ブランドをラインアップに加えました。日本に初めてクリームチーズが登場したのは、1970年。レモンなどの果汁酸を加えなくても乳酸の旨味を生かしたコクのあるチーズケーキができることから、当時のチーズケーキブームにのって、一気に日本国中に広まりました。

現在、フィラデルフィア・ブランドのクリームチーズは“PHILLY”フィリーという愛称で親しまれ、最も歴史のある高品質なクリームチーズとして世界のチーズメーカーに広く認められています。